新しいことへのチャレンジに興味がある方にも是非来ていただきたいです

RWD事業部

卯月愛実

RWD社に入社したきっかけは何ですか?

前職で臨床研究コーディネーター(CRC)として働いており、診療情報の収集の難しさや大変さを痛感した経験から、医学研究における作業負担を少しでも軽くすることはできないかと考えるようになりました。そんな折、RWD社の取り組みについて知り、医療の評価を適切に行うことができる臨床データベースの構築に携わることができるという点に魅力を感じ、入社しました。

どのような仕事をされていますか?

医療機関から取得したデータについて、各施設ごとにデータの持ち方が多岐に渡るため、RWDマスタと紐付けることでデータの標準化作業を行っております。その他、現在はデータベースに格納していない情報についても標準化して、より情報量が豊富で正確なデータベースを構築することを目指して、日々データ調査を行っております。

どのようなやりがい、または困難がありますか?

自分の調査によって、データベースに格納される情報が増えていくというところは、成果が目に見えてわかりやすいということもあり、非常にやりがいを感じています。また、データの標準化作業については、臨床で得た知識を最大限に活かすことができる部分ではないかと思っています。
そうして自分たちが一から整備したデータが、研究に活用されていくということは大変嬉しく思います。一方で、自分の作業に少しでも誤りがあると全体に大きな影響を及ぼしてしまうこともあり、やりがいだけでなく責任も非常に大きな仕事だと思います。

今後、どのような人材に来てほしいですか?

データの標準化作業は専門知識を必要としますので、臨床の専門性を持った方、特に薬剤師や臨床検査技師に来ていただけると嬉しいです。レセプトやDPCのデータも管理、活用しておりますので、診療情報管理士の方も大歓迎です。また、RWDデータベースはまだまだ発展途上ですので、新しいことへのチャレンジに興味がある方にも是非来ていただきたいです。

RWD事業部の業務内容を見る

RWD事業部の募集要項を見る