診療情報の管理と運用について

医療機関との情報連携および診療情報データベースの管理は、一般社団法人健康・医療・教育情報評価推進機構(HCEI)により実施されています。当社は、HCEIからの委託を受けて、情報の取得やデータベースのマスタ開発などの技術支援と運用、医療機関に対する分析レポートの還元、公衆衛生の向上を目標とした医学研究を実施する、大学等学術機関に対して、データセットの提供を行っています。

また、当社の企業理念に賛同いただける病院からのご連絡やご紹介も随時お待ちしています。

レポートについて

医療機関における診療情報から、臨床現場における医療の向上、医療安全対策、病院経営の向上に役立つデータの解析と還元を行っています。レポートの詳細については、当社までお問い合わせください。

取り扱う患者情報について

患者情報に関しては、適切な処理を行い、特定の個人を識別することができないように加工した情報としてデータベースを構築しています。それにより、異なる病院で同じ患者さまがおられた場合にデータが一部重複してしまうなどの研究の限界も生じますが、確実な患者保護の姿勢で臨むべきと考えています。

匿名加工情報の作成について

HCEIより委託を受けて医療機関での匿名加工情報の作成業務も行っております。匿名加工情報の作成は、基本的に準備したアプリケーションを用いて行っており、弊社の社員が個人情報を扱うことはアプリケーション使用説明時やトラブルシューティング作業を除けば、基本的にありません。匿名加工情報を扱う従業者はISO27001に準じて教育を行い、監督を行っています。ご不明な点がありましたら弊社までご連絡ください。

データベースの保有者である一般社団法人健康・医療・教育情報評価推進機構とは

一般社団法人健康・医療・教育情報評価推進機構は、医療機関、介護施設、教育機関等における各種情報の適切な保護およびその利活用を推進するために、2015年1月に設置されました。

各種の情報を適切、厳重に管理、運用して、健康増進や学術研究に貢献しています。

<顧問>

最高顧問 日本学士院幹事、京都大学元総長・名誉教授 井村 裕夫
全国自治体病院協議会 名誉会長 邉見 公雄
日本WHO協会理事長、国際母子手帳委員会会長 中村 安秀
国立成育医療研究センター 理事長、東京大学名誉教授 五十嵐 隆
国立循環器病研究センター 理事長、熊本大学名誉教授 小川 久雄
顧問 地域包括ケア病棟協会会長 仲井 培雄
日本医師会総合政策機構、名古屋大学元教授 細谷 辰之
東京大学大学院医学系研究科教授 康永 秀生
慶応義塾大学医学部教授、厚生労働省参与 宮田 裕章
千葉大学病院、厚生労働省元医系技官 吉村 健佑

<理事・監事>

理事 札幌医科大学教授 樋之津 史郎(代表理事)
京都大学大学院医学研究科教授 川上 浩司(常務理事)
新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 曽根 博仁
横浜市立大学大学院医学研究科教授 伊藤 秀一
慶應義塾大学薬学部教授 漆原 尚巳
監事 英国ケンブリッジ大学元教授 堀井 郁夫
ページの先頭へ