特化した知識あるいは幅広い教養のある方に来ていただけると助かります

RWD事業部

里見真輝

RWD社に入社したきっかけは?

もともとCRCとして治験や臨床研究に従事していたので、データの自動化や質の高いデータとは何かを追求することについて関心がありました。臨床研究についてより深く学ぶため大学院に進学したことをきっかけに、弊社の徳増取締役からお声がけいただきRWD社に入社しました。

どのような仕事をしていますか?

入社当初はデータ標準化作業の担当でしたが、今は、医療機関の窓口担当としての役割も担っています。契約までの説明や調整、データ抽出支援、レポート還元など、医療機関の全面サポートをしています。

どのようなやりがいや困難がありますか?

色々な病院形態がある中、自施設という枠組みを超え、日本という広い視点でこういった取り組みが必要であり、また、医療データの利活用を推進するよう院長及びご担当者様からご鞭撻をいただけることは、大変やりがいになります。

今後どのような人材にきてほしいですか?

医療機関ごとに対応者(院長、医師、医事、経営企画、システム等)や関心(医療の質や医療安全の向上、経営分析、臨床研究、データの自動化等)が違うので、特化した知識あるいは幅広い教養のある方に来ていただけると全体のベースアップに繋がるので助かります。

RWD事業部の業務内容を見る

RWD事業部の募集要項を見る