医学・医療への発展・貢献に対して熱意を持ってやれる方とともにお仕事ができればと思っています

解析企画部
(データサイエンティスト)

猪口翔一朗

RWD社入社のきっかけはなんですか?

もともと医師としてリウマチ膠原病学、免疫学研究に携わってきました。研究を介してデータサイエンスの分野には興味をもっており、RWD社のデータベース事業についてお聞きした所、今後の医学発展において大きな可能性を感じ、是非一緒に仕事をさせていただけたらと思い、入社させて頂くに至りました。

どのような仕事をしていますか?

RWDデータベースを用いた解析を主に行っており、他、研究計画書・解析計画書の作成、倫理申請、及び論文執筆支援など、疫学研究に関する業務を企業、アカデミアなどのクライアント様と行っています。データベースは一般的な臨床研究とは様々な点で異なり、その特色を理解し、クライアント様と共有することが重要であると感じています。

どのようなやりがいや困難がありますか?

RWD社は医療分野におけるデータベース事業において日本で先駆的な立場にあります。データをどのように処理し活用し、新たな知見を創造していけるか、という点に関し、DBの特性を踏まえた上での専門的な知識が必要です。これまで経験のない分野であり困難を感じることもありますが、医学・医療発展への重要なピースであると感じており、非常にやりがいを感じています。

解析企画部
(データサイエンティスト)の業務内容を見る

解析企画部
(データサイエンティスト)の募集要項を見る