データを利用して日本の医療を更に向上させたいという大志を持つ方と、迅速かつ生産的な仕事ができればと思います。

RWD事業部
(データサイエンティスト)

羽山陽介

RWD社に入社したきっかけは何ですか?

私は京都大学医学部、小児科医、小児循環器医、基礎研究を経る中で、情報の重要性や、現場でデータをもっと楽に利用する何らかの枠組みが必要と考えるようになりました。
縁あって京都大学薬剤疫学分野に所属した際、会社の取り組みを知り参画させて頂いています。

どのような仕事をしていますか?

医療機関様からお預かりした医療情報を解析し、診療レポートやその他解析物として医療機関様へ還元し議論する業務を行っています。複数のプログラミング言語を用いて、データマイニングやアプリ開発を行っています。

どのようなやりがいや困難がありますか?

医療機関様のニーズは多岐に渡り、幅広い知識やニーズに合わせた伝え方が必要だと感じることが多いです。また病院スタッフは忙しいため、その多忙をデータ分析によりサポートできないかと思っており、日々その方法を模索しています。

今後どのような人材にきてほしいですか?

データを利用した日本の医療の更なる向上を目指すという大きなビジョンを持ちながら、実質的な成果を生むことに貪欲な方に是非ご協力頂ければと思っています。

RWD事業部
(データサイエンティスト)の業務内容を見る

RWD事業部
(データサイエンティスト)の募集要項を見る