企業使命

未来の患者さまのために、一歩進んだ医療評価の基盤づくり

RWD社は、未来の患者さまのために、一歩進んだ医療評価の基盤づくりを行うことを目指して、2015年7月に、疫学や医療情報、統計、医薬経済の学術専門家や臨床医たちによって設立されました。

医療機関における診療情報から、臨床現場における医療の向上、医療安全対策、病院経営の向上に役立つデータの解析と還元を中心とした活動を行います。

評価者のニーズにこたえた基盤づくりと評価支援

医療評価を行っている臨床疫学や医薬経済の専門家は、現在構築されているレセプト情報を元にした医療情報データベース以外にも、診療情報由来の臨床データベース構築を切望しているのが現状です。

そこで、RWD社は、医療の評価を適切に行うことができる臨床データベースの構築を行っています。本データベースは、研究計画の策定と倫理審査委員会(IRB)での承認を経て、公衆衛生の向上を目標とした医学研究を実施する、大学等学術機関に対して、疫学研究(臨床疫学研究、薬剤疫学研究)、アウトカム研究、医薬経済研究のためのデータセットとして提供していきます。

また、将来に向けて、学会主導の疾患レジストリの構築、医療政策等につながる医療技術評価(HTA)における費用対効果、市販後の安全対策(PMS)などの製品情報の調査の効率化にも協力できる準備をすすめています。

医療現場での「困った・・・」を解決するための支援活動

病院の多くは赤字経営であるといわれています。いいことをやれば国がお金を出してくれる、いい治療は必ず保険適応となるという時代は終焉を迎えています。連携いただいている施設には、「漫然と出されている薬剤の効果は?」「他の病院と比較した時の評価は?」「病院評価で指摘されている安全対策を効率的に行うには?」などの諸疑問に対するレポート資料を、臨床疫学や医薬経済を専門とする専門家によって作成して、定期的にお渡ししています。

会社概要

会社名 リアルワールドデータ株式会社 (略称RWD)
英語表記 Real World Data, Co., Ltd.
設立日 2015年7月21日
所在地 〒604-8341 京都府京都市中京区岩上通六角下る岩上町741番地202
事業内容 診療情報の利活用に関する各種サービス
資本金 800万円
役員構成 代表取締役社長 尾板靖子
取締役 徳増裕宣
問い合わせ先 電話番号:075-748-0742(代表) FAX:075-748-0743

沿革

2015年7月 設立(京都市下京区)
2015年7月 一般社団法人 健康・医療・教育情報評価推進機構(HCEI)の「電子診療情報を基にしたデータベース構築の取組」事業の受託業務開始
2016年4月 事業拡大のため移転(京都市中京区)
2016年4月 京都大学と連携研究(ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発・総務省)
2016年12月 ユーザー向け情報交換会の定期開催開始
2017年2月 ISO27001認証取得
2018年12月 RWD-DB利用のための解析セミナー開催
2019年3月 ISO27001再認証取得
ページの先頭へ