臨床情報領域(RWD事業部)
について

医療の質の向上には、医療の評価を常に行うことが必要です。次世代医療基盤法の制定やICTの発展等により、データ利活用が一層進む時代が始まりつつありますが、未だその恩恵を受けられるようにはなっていません。
私たちは、電子診療録を基にした質の高いデータベースの構築とそれを利活用する人材の育成に取り組んでいます。
電子データから診療内容を動的に評価することで、医療の質を継続的に改善させる原動力になることが期待されます。
次世代医療基盤法の制定やICTの発展等により、データ利活用が一層進む時代が始まりつつありますが、未だその恩恵を受けられるようにはなっていません。

また、医療データの利活用において、根幹となるデータ抽出においては、デジタル化されたデータが格納されているにもかかわらず、手書きまたは手入力が多く残っています。
臨床研究法の施行による前向き観察研究の急増により、データを提供する医療現場の更なる負担も想定されます。
私たちは、データの収集を簡略化すると共に、更に形式が異なる各データを構造化・標準化すること等を通じて、より利活用しやすいインフラを整備することによって、そこから新たなエビデンスの創出あるいは創薬・育薬等に貢献できればと考えています。

臨床データ活用事業のサービス内容
医療機関向け

  • 電子カルテなど医療
    データのデータベース化

    診療データは、電⼦カルテ由来のデータを中心にして⼀元データベース化しています。⼀般的なデータベース構築事業と異なり、レセプトデータだけでなく、臨床データの取り扱いができることが、リアルワールドデータの最⼤の特徴です。当社に所属する医師や疫学研究者が、専⾨知識を基にデータの収集や解析を⾏っています。

  • 分析レポート

    情報提供にご協⼒いただいた際には、集積したデータを元に、分析レポートを提出します。
    経営⽬線の改善レポートのみではなく、「診療上のプロセス指標やアウトカム指標を全国の病院と⽐較する」など、臨床現場に関わる解析や分析を作成することが可能です。レポートは医療機関の診療⽅法の検討や改善に活⽤することができます。

  • レジストリ構築支援

    電子カルテを含めた各部門の情報をレジストリに集約。集約された情報を、年次報告用の「診療実績」、入院台帳・手術台帳などの「各科DB」などに自動記入できるシステムを構築します。
    病院全体での管理業務を軽減、また医師・医事課の書類作成の負担を軽減することが可能です。

  • 臨床研究支援(公募)

    全国規模の電子カルテ(EMR)由来の診療情報データベースなどを用いた、臨床研究を支援します。

その他臨床情報活用事業のサービス内容

リアルワールドデータが保有するデータを活用し、各領域の調査・分析サービスも提供します。
医療専門のデータアナリストが、目的達成に最適な調査・分析を検討し、提案いたします。



医療機関の方向けの、
より詳細な事業紹介は
下記ページよりご覧ください。